選べる豊富な支払方法

精製水を利用した保湿化粧水の作り方について

精製水を利用した保湿化粧水の作り方について、ご紹介します。作り方は非常に簡単で、精製水100mlに対してグリセリンを小さじ2分の1程度入れるだけです。グリセリンの量を多めにするとしっとりタイプの化粧水となり、少なめにするとさっぱりタイプの化粧水となります。

精製水とグリセリンは、ドラッグストアや薬局で購入することができます。

 

そのほかの精油(アロマ)に関しては、ティートゥリーは花粉症やニキビに効果がありますし、ローズウッドは風邪の予防効果があり、肌の若返りも期待することができます。前述しましたラベンダーには、頭痛にも効果があり日焼け対策にもなります。

 

精製水は500mlで100円しませんし、グリセリンは100mlで1,200円程前後で購入することができます。自分で化粧水を手作りすると、値段が安いというメリットがあります。値段が安いので、量を気にすることなく毎回使うことができます。

手作り化粧水のメリット

また、手作りしていますので、成分も安全だというメリットがあります。

手作り化粧水は、100mlを1週間で使い切るということが目安となります。無水エタノールなどの防腐剤成分を入れていない場合には、1週間を目安に短期間で使い切るようにしましょう。腐ったり、成分が変質した化粧水は、肌にダメージを与えてしまいますので十分に注意しましょう。

また、使用後に肌が赤くなったり、かゆい、ムズムズするなどの症状が現れた場合には、すぐに使用を中止するようにしましょう。手作り化粧水の使用は、あくまでも自己責任となるということを認識しておきましょう。
手作り化粧水は、100mlを1週間で使い切るということが目安となります。無水エタノールなどの防腐剤成分を入れていない場合には、1週間を目安に短期間で使い切るようにしましょう。腐ったり、成分が変質した化粧水は、肌にダメージを与えてしまいますので十分に注意しましょう。

また、使用後に肌が赤くなったり、かゆい、ムズムズするなどの症状が現れた場合には、すぐに使用を中止するようにしましょう。手作り化粧水の使用は、あくまでも自己責任となるということを認識しておきましょう。