イオン交換水と精製水の違いはフィルターのろ過

世の中には純水である水と、そうではない水があります。不純物を含まない水のことを純水といい、この純粋は自然界には属するものの、日常生活ではミネラルウォーターや蒸留、人工的に浄水器でろ過された水がその代表例です。

水道水などは殺菌や消毒のためにカルシウム、塩素などがふくまれており人体には無害なものの純水の定義には入りません。しかし簡易的にこうした純水を作ることも可能です。それにはフィルターを使ったろ過の方法などがあります。

弊社では4つの過程で純度の高い精製水を作成しています

tokucyou_img イオン交換樹脂などのフィルターで作られたイオン交換水はきわめて純水に近い水であり、精製水の違いといえば本物の純水に近いものと思われています。

イオン交換水はその過程で炭酸ガスなどでろ過されているものもあり、極めて純水に近くなります。 精製水の違いはこの点が大きいですが、このようなフィルターで作られた純水が使われていることがおおいです。

より純度の高いものは特に超純水とも呼ばれているのです。弊社で販売する精製水はこの超純水と呼ばれる質の高いものになります。 

タグ

このページの先頭へ