気管内カテーテルの吸引で滅菌精製水を使用する理由

気管内を吸引するときはカテーテルを使用しますが、カテーテルを使用するときには水道水で洗浄するのではなく、滅菌精製水を使うことになっています。
カテーテル吸引で滅菌精製水を使用する理由は、水道水や非滅菌した水の中には微生物が含まれている可能性があるからです。特に水道水は手軽に使用できますし、飲んだり手を洗ったりするときには便利ですが、綺麗に保つために塩素が含まれています。
塩素が入ってしまうと身体に刺激になってしまうことがあるため、吸引するカテーテルを洗うときには使用しないことが医療機関などで定められています。

滅菌精製水が好ましい理由

そして水道水に含まれている微生物には様々な種類がありますが、中には肺炎などを引き起こす恐れがあるものもあります。
水道水などで洗ったカテーテルを気管に通すときには、粘膜に接触する可能性があります。そうなるとそこから微生物が体内に入り込んで、肺炎を含めて様々な症状を引き起こす可能性があるからです。
微生物を付着させないようにするためには、消毒剤を使えば良いのではないかと考えがちですが、その消毒剤に含まれている毒性が、人間の体質によっては影響を与える可能性があります。
そのため、吸引するときに使用するカテーテルを消毒するときは、消毒液ではなく、滅菌精製水が好ましいとされています。

滅菌精製水の役目

頻繁に使用する場合は、使用した後、まずはアルコール綿などでふき取ってから、滅菌精製水に通すと安心です。口腔内吸引や鼻腔内吸引を行う場合は、粘膜に直接触れることになるため、必ず滅菌精製水で洗い流すことが必要です。また、カテーテルの外側を清潔に保つ目的だけでなく、内側部分にも滅菌精製水を使用することによって、吸引した粘着性のある物質が詰まらないようにする役目をもっています。
カテーテルには細くて長いものもありますから、滅菌精製水を使用することによって、粘着性のある唾液や粘液などが付着しにくく外に排出を促す効果をもっています。

タグ

エステ効果の高いスチーマーの美顔器には精製水を使用しましょう

歳を重ねてしまうとどうしても肌が乾燥するようになってしまうため、エステに通ってフェイシャルの施術を受ける女性が多いです。確かにエステはプロのエステティシャンが施術を行ってくれるので、肌の調子が良くなり潤ったきれいな肌を取り戻すことが可能です。しかしエステでいくら丁寧な施術を受けても、定期的に通わなければ潤ったきれいな肌の状態をキープすることはできません。

自宅でお手軽美顔器

さらに毎回施術にかかった料金を支払う必要があるため、時間とお金が必要になり途中であきらめてしまう人も少なくないのが現実です。そこで時間やお金はかけられないけど、潤ったきれいな肌になりたいという人によく使用されているのがスチーマーの美顔器です。スチーマーの美顔器は自宅で空いた時間に手軽に使用することができ、保湿効果が高いので使用した後は肌がとても潤います。

これはスチーマーから出る細かい微粒子が、肌の奥まで水分を浸透させることが可能なため肌が潤うようになります。

肌が潤えばシワを予防することもできるので、アンチエイジング対策を行うことも可能です。さらにスチーマーは血行促進効果もあるので、肌の新陳代謝が良くなりターンオーバーのサイクルが早くなるというメリットもあります。使用感も気持ちいいため、精神を落ち着かせるリラックス効果も期待することが可能です。

美顔器の洗浄力

そしてスチーマーの美顔器は肌を潤わせるだけではなく、目に見えない汚れを落とす効果も期待できます。メイクを落とす時にスチーマーの美顔器を使用することで、毛穴が開くため奥にある汚れまで落とすことが可能になります。また、朝の洗顔時に使用するのも肌についた目に見えない汚れが落ちるので、肌がクリアになりメイクのりも良くなります。

エステに行かなくても潤ったきれいな肌をキープできるスチーマーの美顔器ですが、使用しすぎると肌に負担をかけてしまう恐れがあります。そのため始めの時期は1週間に1回のペースで使用し、徐々に肌に慣れさせていく必要があります。肌が慣れた後でも1日何回も使用することは避け、肌に過度な負担をかけないようにすることが大切です。

美顔器には精製水

また、スチーマーの美顔器に使用する水は水道水ではなく、精製水を使用することが大事です。

水道水は塩素など不純物が含まれていますが、精製水はそれらの不純物を排除した純粋に近い水なので肌に優しく浸透しやすい効果があります。精製水はネットやドラッグストアで手頃な価格で販売されているので、手に入れやすくお財布にも優しいです。

スチーマーの美顔器は正しく使用すれば、幾つ年齢を重ねても潤ったきれいな肌をキープすることが可能です。スチーマーの美顔器は水を使用するので水垢が溜まりやすいため、こまめに掃除をすることも忘れずに大切に使用し続けることが大事です。

タグ

精製水作成器 puremaker 体験談

私は20代の会社員です。10代の頃は肌の乾燥など全く気にしたことなんてありませんでしたが、大学を卒業して就職した会社の中で乾燥がひどくいつものどを痛めてしまったり肌の調子が悪いという事に悩んでいました。
家でも出来る限りの保湿はしていたんですが、いまいち保湿されている感覚も感じずにお化粧をすると顔に粉がふいたようになったり、会社の中で保湿用のマスクが必要になったりと本当に困っていました。

精製水とpuremaker

同じ会社の先輩に乾燥対策は何をやっているか聞いたところ精製水を使って保湿スチーマーをしていると聞いて今まで精製水の事なんて全く知らなかったのでとても興味を持ちました。そんなに高いものでもないし効果を実感できると先輩にオススメされたこともあって私も精製水を使ってみる事にしました。
精製水を調べている時に知ったのが精製水作成器のpuremakerだったんですが、口コミや体験談を見てみると使った人が肌の変化に驚いたという事がたくさん書いてあって物は試しだと思い私も精製水作成器のpuremakerを買ってみました。
私は家にいる間は常に加湿器を使っていて寝る前の30分はスチーマーを使って肌の保湿をしているんですが、その保湿水として精製水作成器のpuremakerの水を使ってみました。
口コミや体験談にあったように普通の水道水とは全く違ってなんとなく柔らかな水の感じでストレスなく使用することが出来ました。初めて精製水を使った翌日のメイクののりは今まで経験したことが無いぐらいによくて本当にびっくりしました。体験談なんでいいことばかり書いてあるんだろうと思っていたんですが、予想以上ののりの良さで買ってよかったと本当に思いました。

乾燥にも精製水

精製水を使い始めて初めて冬が来た時には今までの冬の様な肌の乾燥もなくのどが痛くなることも目の中が乾燥していたくなるという事も無くてストレスフリーな状態を維持することが出来ました。仕事柄エステに行くような時間も無くて時間に追われながらスキンケアをすることが多いのですが、少ない時間の中でもいい肌を保っている事が出来るのは精製水を使っている事が大きいと思っています。

のどや目が常に乾燥せずにいるので風邪もひきにくくなって体調面でのイライラも無くなり今が一番いい状態だと感じています。スキンケアにおいてはもう水道水は使えないぐらい違いが出るので年齢が若い今精製水作成器に出会えたことにとても感謝しています。
今年私にも初めて会社の後輩が出来たんですが、後輩も会社内の乾燥にのどや肌にダメージが出てきたようなので精製水をオススメしてみようと思っています。後輩にもこの違いを経験して同じ感動を味わってもらいたいと思います。

タグ

2016年8月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:精製水 美容

精製水作成器 puremaker 体験談

私は歯科医院に勤めています。医療業界でも、特に水をたくさん利用します。この水を効果的に利用するために、「puremaker」を愛用しています。非常に素晴らしい商品なので、多くの方に利用して頂きたいです。
puremakerの体験談を通して、この商品の魅力をお伝えします。

医療でも大活躍puremaker

この商品を利用する理由は、患者さんや医療従事者の健康を守るためでもあります。そして、使い方も手軽で簡単です。puremakerで作られた純水は、病院の器具などを細菌などから守ります。このため、安心して仕事ができます。

こちらは場所も取らないので助かります。一度にたくさんの純水を作れるので、手間がかかりません。このため、わざわざ純水を購入しなくても良いです。
余計なゴミが出ないので、後片付けも楽です。それから、どんな場所にも合います。モダンなデザインで、リラックスできます。
精製水作成器を利用して、企業や病院などで安全な水を作るケースが増加中です。

また、研究機関でも利用されています。この純水は、実験でも大活躍します。純水の最大の特長は、不純物がないことです。純水を賢くお得に利用するなら、puremakerがお勧めです。性能や価格だけでなく、いろんな面で優れています。
水は、私達の生活に必要です。この大切なものを有効活用する必要があります。

一般家庭などで利用される水から、汚染物質などを除去するのが大切です。その必要性が高められた結果、精製水作成器が発明されました。この製品は素早く不純物を取り除くので、とても注目されています。

どの精製水作成器が良いかは、価格やサービスなどを良く比較します。そこで、たくさんの病院などに評判の「puremaker」の誕生です。この商品のおかげで業務の効率も上がります。

そして、機械の損傷なども減りました。この結果、仕事で使う機械が長持ちします。費用も経済的で、スタッフ全員が喜んでいます。

喜びの声が続出

puremakerを利用した方の体験談もあります。こちらの体験談は、どれも感謝の言葉があふれています。口コミで、この商品を利用する方が増えています。
「puremaker」の利用率は、さらに高まると予想できます。特に病院を必要とする方はいます。患者さんを守るためにも、快適な環境を準備することが大切です。
他の歯科医院でも、精製水作成器の導入を検討しています。水を利用して、細かい機械を使う方の必需品です。こちらは、アフターケアも親切です。お客様のケースに合った方法を、適度に取り入れてくれます。どんな質問にも親切に答えてくれます。たくさんある業者の中でも、信頼性の高いメーカーです。必ず、puremakerを試しに利用するのがお勧めです。

タグ

2016年8月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:精製水

精製水スチーマーでファイスケアで得られる美容効果

そもそも精製水とは、純度や精度の高い無色透明の水であり、蒸留や濾過などの行程でイオン交換して不純物を取り除き、紫外線で滅菌や殺菌をほどこすことにより濃度を上げた水のことを指します。

コンタクトレンズの洗浄だけでなく、医療や美容の世界でも広く使われており、スキンケア用品やアロマスプレーの材料にもなっています。
また、飲料水として利用している国もあるそうです。

精製水とスチーマー

一方、超微粒子効果で乾燥肌の救世主として美容界に革命を起こしたナノスチーマーも、変わらぬ人気を誇っています。
水を温冷の水蒸気に変え、肌や髪にあてることで、蒸気の微粒子が肌の奥に浸透し、肌に潤いを与えてくれるほか、新陳代謝を活発化させ、肌再生を促し、老廃物の除去、シミやシワを改善させるなど、ありとあらゆる美容効果をもたらす万能なスチーマーです。

実際、精製水によるスチーマーをした場合とそうでない場合とでは、肌の調子が全く違っていました。
特にトラブルの多い月経前後や花粉の時期などは効果が顕著で、吹き出物やひどい乾燥などでメイクがのらず、化粧水を変えても改善されず悩まされていたのが、見違えるほどしっとり保湿され、吹き出物も軽減されました。

タグ

精製水を利用した保湿化粧水の作り方について

精製水を利用した保湿化粧水の作り方について、ご紹介します。作り方は非常に簡単で、精製水100mlに対してグリセリンを小さじ2分の1程度入れるだけです。グリセリンの量を多めにするとしっとりタイプの化粧水となり、少なめにするとさっぱりタイプの化粧水となります。

精製水とグリセリンは、ドラッグストアや薬局で購入することができます。

 

そのほかの精油(アロマ)に関しては、ティートゥリーは花粉症やニキビに効果がありますし、ローズウッドは風邪の予防効果があり、肌の若返りも期待することができます。前述しましたラベンダーには、頭痛にも効果があり日焼け対策にもなります。

 

精製水は500mlで100円しませんし、グリセリンは100mlで1,200円程前後で購入することができます。自分で化粧水を手作りすると、値段が安いというメリットがあります。値段が安いので、量を気にすることなく毎回使うことができます。

手作り化粧水のメリット

また、手作りしていますので、成分も安全だというメリットがあります。

手作り化粧水は、100mlを1週間で使い切るということが目安となります。無水エタノールなどの防腐剤成分を入れていない場合には、1週間を目安に短期間で使い切るようにしましょう。腐ったり、成分が変質した化粧水は、肌にダメージを与えてしまいますので十分に注意しましょう。

また、使用後に肌が赤くなったり、かゆい、ムズムズするなどの症状が現れた場合には、すぐに使用を中止するようにしましょう。手作り化粧水の使用は、あくまでも自己責任となるということを認識しておきましょう。
手作り化粧水は、100mlを1週間で使い切るということが目安となります。無水エタノールなどの防腐剤成分を入れていない場合には、1週間を目安に短期間で使い切るようにしましょう。腐ったり、成分が変質した化粧水は、肌にダメージを与えてしまいますので十分に注意しましょう。

また、使用後に肌が赤くなったり、かゆい、ムズムズするなどの症状が現れた場合には、すぐに使用を中止するようにしましょう。手作り化粧水の使用は、あくまでも自己責任となるということを認識しておきましょう。

タグ

2016年8月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:精製水 美容

イオン交換水と精製水の違いはフィルターのろ過

世の中には純水である水と、そうではない水があります。不純物を含まない水のことを純水といい、この純粋は自然界には属するものの、日常生活ではミネラルウォーターや蒸留、人工的に浄水器でろ過された水がその代表例です。

水道水などは殺菌や消毒のためにカルシウム、塩素などがふくまれており人体には無害なものの純水の定義には入りません。しかし簡易的にこうした純水を作ることも可能です。それにはフィルターを使ったろ過の方法などがあります。

弊社では4つの過程で純度の高い精製水を作成しています

tokucyou_img イオン交換樹脂などのフィルターで作られたイオン交換水はきわめて純水に近い水であり、精製水の違いといえば本物の純水に近いものと思われています。

イオン交換水はその過程で炭酸ガスなどでろ過されているものもあり、極めて純水に近くなります。 精製水の違いはこの点が大きいですが、このようなフィルターで作られた純水が使われていることがおおいです。

より純度の高いものは特に超純水とも呼ばれているのです。弊社で販売する精製水はこの超純水と呼ばれる質の高いものになります。 

タグ

このページの先頭へ